[Windows][Ruby]Rails環境構築には、Chocolateyを使ってRubyを複数インストールしようぜ!

 

 

なんと! 11本の記事で詳しく丁寧に解説してるのだ!
この記事を入れて以下の11本の記事でRails環境構築の解説してるよ~ん!
全部読めば何が必要で何が不要かなぜそれが必要なのかという事が自分で考えるられるようになるよ~ん!

ちょい長いけど、しっかり理解したいなら読まないと損!(つっても、1本1本はチョー短い

逆に言えば、理解しなくていい・手順だけが分かればそれでいいってな人にはオススメしません

>> [2017年]WindowsでRuby on Rails環境構築の概要を知ろう![Ruby]
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、Chocolateryでパッケージ管理をオススメするのだ!
イマココ >> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、Chocolateyを使ってRubyを複数インストールしようぜ!
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、uruを使わないなんて正気ですかっ!?
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、uruで複数のRubyバージョンを切り替えろ!
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、Development Kitが必要になるのだ!(Ruby2.3までの話)
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、MSYS2が必要になるのだ!(Ruby2.4からの話)
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、Bundlerで複数のRailsバージョンを切り替えろ!
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、データベースとしてSQLiteをオススメする!
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、SQLiteを使うためのgemが必要!
>> [Windows][Ruby]Rails環境構築には、Railsプロジェクトの作り方にはコツがある!

 

 

こんにちは。ナガオカ(@boot_kt)です。

 

以前、MacでRuby on Railsの開発環境の作り方を丁寧に説明した記事を書きましたが、この記事ではWindowsでの作り方を説明します。

MacではrbenvやBundlerを使ってRubyやRailsのバージョンを切り替えられるのですが、Windowsでもできます。

その方法を解説します。

 

ここでは、Chocolateyを使ってRubyをインストールするよ~ん♪

Rubyの複数バージョンをインストールできまっせぇ~

RubyInstallerを使うと、1つのバージョンしかインストールできないけど、古いバージョンをまた使うかもしれないので混在させたいよね

Chocolateyを使って、Rubyを複数バージョン混在させてインストールする手順を解説します

 

この記事のザックリした内容
◆対象読者

  • Windowsでの、Railsの環境構築手順を知りたい人
  • Railsの環境構築で、なぜそれらをインストールするのか「理解」したい人
  • Macのrbenvと同等のことを、Windowsで実現する方法を知りたい人
  • Homebrew?、rbenv?、uru?、Bundeler?、gem? ←これらの事がよく分からない人
  • オススメしません!! → 手っ取り早くRails環境構築手順を知りたい人
  • シェルコマンドやDOSコマンドを知っているのが望ましい
    シェルやDOSを知らなくても書いてる通りにやればいいけど、もしかしたら意味が分からなくなるかも・・・

 

 

 

 

Rubyのインストール

概要

Chocolatey経由でインストールするよ~

インストーラーでインストールする方法はあるけど、この記事ではChocolateyを使いま~~~す

通常、ruby.exeへのパスが環境変数PATHにインストーラーによって登録されるけど(場合によっては自分で登録)、この記事では環境変数PATHへの登録はしません

uruがやってくれるよーーーー!

 

手順

コマンドは、

choco install ruby

と打てば最新のRubyがインストールされるけど、

バージョンを指定するにはこれ↓
※現実的にはこうやってバージョンを指定することをオススメするよ

choco install ruby –version 2.4.2.2 -ia ‘/dir=C:\tools\ruby2422’
choco install ruby –force –version 2.3.0 -ia ‘/dir=C:\tools\ruby230’
choco install ruby –force –version 2.4.1.2 -ia ‘/dir=C:\tools\ruby2412’

 

  • --forceの有無は気にしなくていいよ、付けても付けなくても別にどっちでもいい
  • choco install rubyを実行すれば裏でrubyのインストーラーが動くんだけど、インストールするディレクトリが気に入らなかったので-ia '/dir=C:\tools\ruby2422'を付与してインストール先を指定してます
  • -iaオプションはインストーラーに直接渡すオプションを指定するオプション(オプションだらけで読みにくいwww)

 

 

広告




 


 

プログラミング のレッスンに興味がある方、レッスン内容を聞いてみたい方、なんなりとお問い合わせください。
無料体験レッスンもありますのでお気軽にどうぞ!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。