Twittbotを使って画像付きでTwitterへ自動投稿する方法

finger-1002577_640

※今回の記事はツイットボットを対象にしていますが、おそらくその他の自動投稿ツールでも同じだろうと思います。試していませんが・・・・

ブログを書いたらTwitterへ告知投稿しよう!

ブログの宣伝ツールとしてツイッターを使っている人は多いでしょう。
ブログを書いてすぐにTwitterへブログの告知を自動で投稿する設定をしている人は多いと思います。
無料ブログでもWordPressでも、ブログには大抵そういった設定やプラグインがありますからね。

しかしTwitterへの告知投稿は一回だけではなく何度も投稿する方がいいですよね。
一回だけだと流れてしまいますし。
夜中にブログを書き上げてTwitterへ告知を投稿しても誰にも読んで貰えないかもしれません。
ですので、何回もブログの告知投稿をした方が良いのです。
※あまり投稿しすぎると嫌がられるでしょうからほどほどに。

告知投稿はアイキャッチ画像があるとクリック率が上がる!?

ただ、Twitterって文字が多い上にすぐに流れて行ってしまう世界なので、ブログのタイトルやURLといった文字情報だけではなかなか目立ちません。
目立たすためにもアイキャッチ画像を一緒に投稿した方がいいですね。
アイキャッチ画像があった方が目立ちますし、目立つとブログのURLをクリックしてもらえる率も上がるでしょう。

自動投稿でラクしよう!

何度も投稿するのはいいんですが、その度に手作業でやるのは面倒ですよね?

そういう場合はtwittbotを使いましょう。

私はブログを書いたらtwittbotにブログのタイトルとURLを登録しています
そしたらtwittbotが定期的(2時間毎とか)に自動投稿してくれるのでラクチンです

画像も一緒に自動投稿する手順

ここで問題になってくるのが画像の自動投稿です。
twittbotには画像を投稿してくれる機能はありません。

じゃぁ、twittbotからどうやって画像を自動投稿するのか?
実は、ものすごく簡単です
以下で手順を説明します。

1.初回投稿

まずはごく普通以下の様な文言で画像付きでTwitterへ投稿します。

twittbot_00000

私はWordPressでブログを書いているのですがWordPressからTwitterへ自動的に投稿するという設定はしていません
初回のtwitterへの投稿は手動でやっています
この手動での初回投稿はブログを書く度にやります。

初回だけ手動にしているのは特に意味はありません。
画像のアドレスをコピれるなら自動投稿でもいいと思いますよ。
どうせ画像のアドレスをコピらないといけないので手動でやってるだけです。

2.返信ボタンクリック

左下の返信ボタンをクリックします。

注目して欲しいのが、pic.twitter.com/xxxxxx の部分
これが画像のアドレスです。
このアドレスをコピります。

twittbot_00004 twittbot_00005

3.twittbotへ登録
※twittbotそのものへの登録方法は省略します。
http://twittbot.net/ へアクセスして「LOGIN」ボタン押せば分かります。

投稿したい文言と画像のアドレスを登録します。
twittbot_00002

これで、次回からの自動投稿は画像付きで自動投稿されます。

注意・補足

pic.twitter.com/xxxxxxというアドレスは返信かリツイートの画面からしか取れません。
以前はツイート内容に出ていたんですが、最近は出ていないようです。
パクツイ対策ですかね?

あと、投稿した画像で右クリックして「画像のアドレスをコピー」は使えません。
これで取得できるアドレスは
https://pbs.twimg.com/media/CcoSJDPUAAE9C6u.jpg
こんな感じで、画像のアドレスには間違いないですが、このアドレスを投稿しても画像は表示されません。
「pic.twitter.com/xxxxxx」というアドレスを取得するようにしましょう。
twittbot_00003

 

 


1 個のコメント

  • […] Twittbotを使って画像付きでTwitterへ自動投稿する方法※今回の記事はツイットボットを対象にしていますが、おそらくその他の自動投稿ツールでも同じだろうと思います。試していませんが・・・・ ブログを書いたらTwitterへ告知投稿しよう! ブログの宣伝ツールとしてツイッターを使っている人は多いでしょう。 ブログを書いてすぐにTwitterへブログの告知を自動で投稿する設定をし…gabekore.org […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。