[Win/Mac]Monosnapなら、画面キャプチャ→ミニ加工→投稿まで数秒だよ!

この記事のザックリした内容
  • Monosnapというスクリーンキャプチャを撮るソフトの紹介です
  • 矢印付けたり文字入れられたりもします

 

こんにちは。ナガオカ(@boot_kt)です。

 

以前こんな記事を書きました

上記の記事ではSetunaという画面キャプチャソフトを紹介しています

 

かなり気に入っているソフトで、今でも使っています
このソフトより手軽に画面を即座に切り取れるソフトは無いと思います

 

が、しかし・・・・

残念ながら公式サイトが閉鎖されてしまいました

長い間メンテされていなかったです、当然今後もメンテされません

 

って事で、悲しんでいてもしょーがないため、新たなソフトを紹介します

 

 

 

 

PrintScreen だとダメだよ!!

あなたはどうやってパソコンの画面のスクショを撮っていますか?

PrintScreen ですか?

AltPrintScreen ですか?

 

もちろんそれで何の問題もありません

しかし、、、、

なんか面倒だなと思いませんか?

スクリーンショットを撮ってもクリップボードに入るだけなので、画像ソフトとかに貼り付けないと見られないですよね

あと、画面の一部だけをキャプチャすることもできないですし

 

そこでMonosnapですよ!

 

Monosnap

公式サイト

Mac版もWindows版もありますよ

ダウンロードしてインストールするだけです

※インストール手順は簡単なので省略します

 

Monosnapがメチャ便利!

Monosnapの主な機能を挙げますね
(主なって言うかこれでほぼ全て)

  • キャプチャを撮ったらすぐに画像が開く
  • 画面全部のキャプチャ
  • 画面上の好きな部分のキャプチャ
  • 矢印
  • 四角
  • 直線
  • 手書き
  • 文字入れ
  • 矢印+文字入れ
  • モザイク
  • リサイズ
  • 保存がドラッグ&ドロップでできる
  • デスクトップで動画(mp4)が撮れる
    ※これについては、この記事では解説していません
    ※後日、別記事にてアップ予定です

 

次章でそれぞれ説明しますね

 

Monosnapの各機能を簡単に説明するよ

キャプチャを撮ったらすぐに画像が開く

読んだままです

キャプチャはこの次節で説明する通り、二種類のキャプチャ方法あります

 

  • 画面全部を撮るパターンと、
  • 好きな部分だけを切り撮るパターン

 

どちらのパターンであっても、キャプチャしたらすぐに画像が開きます

そのまま続けて編集と保存ができます

 

クリップボードにも同じ画像が入りますので、そのままどこにでも貼り付けられます
これって意外と便利!!

↓こういう投稿画面とかにも貼り付けられるので、画像共有が数秒で投稿可能ですよ

  • Facebookの投稿画面
  • Twitterの投稿画面
  • LINEの投稿画面
  • Slackの投稿画面
  • 画像ソフト
  • ExcelやWord等

 

画面全部のキャプチャ

ショートカットキー
Windows:Alt + Ctrl + 6
Mac:Option + command + 6

これは PrintScreen ボタンを押した時と同じです
デスクトップの画面全部が撮れます

 

画面上の好きな部分のキャプチャ

ショートカットキー
Windows:Alt + Ctrl + 5
Mac:Option + command + 5

これが超便利なんです!!!
画面の一部分だけを撮ることができます

つまり、画面の撮りたい部分だけをスクショできるんですよ!

 

矢印

※線の太さと色は左下で変更可能
Shift キー押しながらドラッグすると、45度・垂直・水平に描けます

monosnap

 

直線

※線の太さと色は左下で変更可能
Shift キー押しながらドラッグすると、45度・垂直・水平に描けます

monosnap

 

矢印+文字入れ

※線と文字の太さと色は左下で変更可能

monosnap

 

モザイク

monosnap

 

リサイズ

monosnap

 

保存がドラッグ&ドロップでできる

monosnap

 

便利な使い方

必ずしも保存が必要なわけじゃないので、使い捨てでキャプチャすることができます

画面の一部分だけを、一時的なメモとして撮っておくのも便利な使い方の一つでしょう

 

この一連の流れの操作を覚えやがれ!!!
そして自分の手で実行しやがれ!

使用頻度が高いと思われる操作パターンを書いておきます
この操作に慣れておくと、きっと楽ちん

画面撮って、すぐに貼り付けパターン

Windowsの場合

  1. Alt + Ctrl + 5
  2. キャプチャしたい部分をマウスドラッグで切り取り
  3. 貼り付けたいところへCtrl + V

Macの場合

  1. Option + Command + 5
  2. キャプチャしたい部分をマウスドラッグで切り取り
  3. 貼り付けたいところへCommand + V

 

画面撮って、赤丸とか矢印とか付けて、貼り付けパターン

Windowsの場合

  1. Alt + Ctrl + 5
  2. キャプチャしたい部分をマウスドラッグで切り取り
  3. 編集画面が開くので、好きな編集をする
  4. Ctrl + C
  5. 貼り付けたいところへCtrl + V

Macの場合

  1. Option + Command + 5
  2. キャプチャしたい部分をマウスドラッグで切り取り
  3. 編集画面が開くので、好きな編集をする
  4. Command + C
  5. 貼り付けたいところへCommand + V

 

オマケ

画面キャプチャのショートカットキー(Alt + Ctrl + 5 等)をマウスのボタンに割り当てておくといいかもねぇ~

僕はマウスホイールのクリックに割り当ててま~す!

 

 

広告




 

さいごに、

Setunaはもう10年以上愛用しているんですよ
僕が入れて欲しいとお願いした機能も入ってるしね

そのSetunaの公式サイトが閉鎖しちゃったのはとても残念だけど、しょうがないね

 

でも、Monosnapもとても便利!!!

Setunaと同じような使い方できるし、それ以上に編集機能が超簡単で嬉しい!!

僕は四角・矢印・文字・モザイクを多用してます!

 

画像に説明用の矢印とや文字を入れる時にものすごーーーーーーく便利なので、超絶にオススメしますっ!!!

ぜひ使ってみてください!

 


 

プログラミング のレッスンに興味がある方、レッスン内容を聞いてみたい方、なんなりとお問い合わせください。
無料体験レッスンもありますのでお気軽にどうぞ!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。