SEOビジネス大学オンラインの覚書:2.titleタグ

SEO

この記事は、海外SEO情報ブログの鈴木謙一氏が運営するSEOビジネス大学オンラインで学んだ際の、自分のための覚書です。

この記事に書かれている元ネタはSEOビジネス大学オンラインにて説明されています。
※多少は私が補足しているものもあるかも知れませんが。

あなたがSEOについて学びたいと思われたのであれば、私の記事を読むよりも、SEOビジネス大学オンラインをご覧になることを、強く強くオススメします!!!!

以下、SEOビジネス大学オンラインからの引用

contents

  1. 予備知識
  2. titleタグ ←イマココ
  3. meta description タグ
  4. meta keywords/hタグ alt属性の最適化
  5. 内部リンクとアンカーテキストの最適化
  6. サイトの階層構造
  7. ホワイトハット
  8. コンテンツ① 〜コンテンツの力〜
  9. コンテンツ② 〜コンテンツのネタ探し/キーワードの使い方〜
  10. コンテンツ③ 〜ユーザーの検索意図に応える〜
  11. コンテンツ④ 〜高品質コンテンツ〜
  12. 技術的な設定① 〜301リダイレクト〜
  13. 技術的な設定② 〜正規化〜
  14. 技術的な設定③ 〜クロール・インデックス制御〜
  15. ツール&モバイル

 

この動画で学ぶこと

  • タイトル(titleタグ)の付け方

 

出典:SEOビジネス大学オンライン >> ■CHAPTER 2: titleタグ

 




 

titleタグで意識すること

検索エンジンとユーザーの両方を意識する

検索結果のページタイトルに利用される

titleタグってなに?

そのページのトピックを伝えるための重要な情報
 

検索エンジンとユーザーに対して伝えるためのもの
本の背表紙みたいなもの

titleタグの付け方のポイント

ページのトピックを的確に表現する

全角28~30文字程度で

簡潔に、自然に

重要なキーワードは先頭付近に

ユーザーが検索するキーワードを入れる

不自然にキーワードを繰り返さない、詰め込まない

複合キーワードを入れる

具体性を持たせよう

地域ビジネスなら、場所や地名や駅名も入れよう

商品名や固有名詞、品番とかも効果的

社名とかブランド名は後ろに

100%契約の取れる営業方法はこれだ! | 営業のミカタ

  「100%契約の取れる営業方法はこれだ!」がページのタイトルで、
  「営業のミカタ」がブログ名とした場合、
  「 | 」で区切っている

  こういう形式が多いはず

titleタグはキャッチコピーだ!

ユーザーがクリックしたくなるように

具体的な数値

具体的な場所名や距離等

自分や自社の強み
  創業100年とか、雑誌の○○で紹介されたとか、送料無料とか

幅広く認知されたブランド名なら先頭に置く

ちょっと釣り的な・煽り的な感じもたまには良い

クリックされなきゃ意味が無い!

検索結果1位が目的ではない

ユーザーにクリックされなきゃ意味が無い!!

オマケ

titleタグは検索結果のページタイトルとして表示されるが、たまにGoogleが書き換えることがある。
防止策は一応あるが、完璧ではないので、もし書き換えられたら諦めよう
もしくはGoogleに「書き換えないで!」という問い合わせをするか

参考書籍

SEO関連の書籍は私も幾つか読んでいます。
以下は実際に私が読んだものでオススメできるもので。

SEOビジネス大学オンラインと併せて読まれると良いかと思います。

 

 

 

 

広告
広告
SEO

プログラミングを楽しもう!

初心者向けのプログラミング教室やってます!
Skype or 対面で対応致します。
C言語、ExcelVBA、Scratch、Linux初歩の初歩といろいろなコースがあります。
※Rubyコース準備中!

小学生のお子さまにはScrachでプログラミングを楽しんで頂けます。

無料体験がありますので、是非お気軽にレッスンを受けてみてください。
プログラミングは楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。