Rubyをインストールする(Mac/Windows)

logo_long
次回:>>AtomでRubyを使うためのプラグイン(パッケージ)




Rubyって難しい?

Rubyってとっても簡単です!!!

・・・なんて事は一切言いません(笑)
って言うか 簡単なんかじゃない です。

Rubyはややこしいところがあるので、プログラミングが初めての方には分かりにくい場面が多々あると思います。

とは言え、Rubyを一言で表すなら、

 

何故か楽しいプログラミング言語!

 

と、私ならそう表現します。
初心者の方もそうでない方も、誰もが楽しめるプログラミング言語だと思います。

まぁ、初心者に向いてるのか向いていないのか考える前に やっちまえ! でいいと思います。

Rubyプログラミングの進め方

Rubyプログラミングを始めるには以下の手順で行います。

1.Rubyをインストール
   ↓
2.エディタを準備
   ↓
3.エディタでRubyプログラムを書く
   ↓
4.書いたRubyプログラムを実行する
   ↓
5.以降、3番と4番をひたすら繰り返す

と、これだけです。

この記事では、1.Rubyをインストール を説明します。
それ以外のものは今後の記事で説明します。

ちなみに、エディタじゃなくて統合開発環境でもいいです。
ただ、いきなり統合開発環境の使い方も覚えるのが面倒なので、最初はエディタを使うことをオススメしています。
慣れている人は統合開発環境を使えばラクできると思います。

Rubyをインストール

Windowsの場合

ダウンロード

Ruby Installer for Windows からインストーラーをダウンロードしましょう。

Download ボタンをクリック
rubyfirst_00012

↓どれでもいいんですけど、最新版( Ruby2.3.1 or Ruby2.3.1 (x64) )をダウンロードすれば良いでしょう。
rubyfirst_00013

インストーラーを実行

↓ダウンロードしたらこんなファイルができます。
rubyfirst_00014

↓そのファイルをダブルクリックして起動します。
rubyfirst_00000_02

↓お好きな言語を選択して OK ボタンクリック
rubyfirst_00001

↓同意しましょう。
rubyfirst_00002_02

↓インストール先はデフォルトのままでいいでしょう
 Ruby の実行ファイルへ環境変数 PATH を設定する はチェックしておくと良いでしょう。
 チェックしていなくても、後でPATH設定することも可能です。
rubyfirst_00003_02

PATH設定について
PATH設定のチェックを入れてインストールすると、こうなります。
PATHという名前の環境変数に C:\Ruby23\bin がセットされます。

↓インストール前
rubyfirst_00004_02

↓インストール後
rubyfirst_00009_03

↓こんな感じでインストールされます。1分ぐらいで終わります。
rubyfirst_00006

↓インストール終了です。
rubyfirst_00008

↓マシンの再起動はなくても大丈夫です。
 Ver確認をしましょう。
rubyfirst_00010_02

↓と打ってVer番号が表示されればOKです。(どっちでもいいです)
 インストール成功です。

Macの場合

Macは最初からRubyがインストールされています。Ver2.0と古いですけどね。

Ver確認のコマンドを打ってVer番号が出ればOKです。
Ver確認のコマンドはWindowsと同じです。

そのままVer2.0を使ってもそんなに問題無いですけど、最新版を入れるのであればインストール作業が必要です。

MacにRubyをインストールするには3つのパターンがあります。
いずれを使ってもいいですが、個人的にはパッケージマネージャーのHomebrewを使うのがラクで好きです。

パターン1:ソースからビルドする場合

ダウンロード元:ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/

ダウンロードしたtar.gzファイルを解凍し、以下のコマンドを打ってインストールを実行します。

パターン2:パッケージマネージャーからバイナリを使う場合

バイナリパッケージをインストールするにはパッケージマネージャーを使います。
MacではHomebrewとMacPortsがよく使われています。
私はHomebrewを使っています。

Homebrewを使ってRubyをインストールする手順は以下の記事に書いています。
>> Homebrewを使ってRubyをインストールする手順はコチラ

「1.まずは現在のRubyのバージョンを確認」 ~ 「7.置き換わったはずのRubyのバージョンを確認」 を参照してください。

>> Homebrewの公式サイト
>> MacPortsの公式サイト

パターン3:Ruby専用のパッケージマネージャーを使う場合

Ruby専用のパッケージマネージャーは二種類あります。

  • rbenv
  • rvm

※内容は省略します。


次回:>>AtomでRubyを使うためのプラグイン(パッケージ)


 

 

おすすめ書籍

広告
広告

プログラミングを楽しもう!

初心者向けのプログラミング教室やってます!
Skype or 対面で対応致します。
C言語、ExcelVBA、Scratch、Linux初歩の初歩といろいろなコースがあります。
※Rubyコース準備中!

小学生のお子さまにはScrachでプログラミングを楽しんで頂けます。

無料体験がありますので、是非お気軽にレッスンを受けてみてください。
プログラミングは楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。