はじめてのRubyプログラミング(やっぱりHello, World)

logo_long
前回:>> AtomでRubyを使うためのプラグイン(パッケージ)
次回:>> 文字や数値を表示しよう!




はじめてのRubyプログラムを書こう!

前回でエディタ(Atom)でRubyを使う準備ができました。

では、はじめてのRubyプログラムを書いてみましょう。

やっぱり Hello, World かよ!(笑)

どんなプログラム言語でも、
初めて書くプログラムは、

『画面にHello, Worldという文字列を表示する』

っていうのが、多いです。

別に Hello, World でも Hello, Programming World! でも This is a pen. でもなんでもいいんですけどね。

まぁ、どんなプログラム言語でも文字列を表示するだけのプログラムって簡単なので。

Hello, World プログラムを書きましょう

  1. Atomを立ち上げます。
  2. 以下のプログラムを自分で打ちます。

    コピペしてもいいですけど、プログラムは自分の手でキーボードを叩いて書きましょう。
    コピペなんかしてるといつまで経ってもプログラミングを覚えないですよ。
  3. 保存します。
    ファイル名はなんでもいいですけど、拡張子はrbにしておいてください。
    例)hello.rb
  4. Ctrl + Alt +
    Atomの中にターミナル(Windowsならコマンドプロンプト)を出すか、普通にターミナル(Windowsならコマンドプロンプト)を使う。
  5. 実行します

puts と print の違い

putsprint も基本は同じです。
文字を表示するだけのものと、(今は)思ってください。

putsprint の違いですが、勝手に改行を付けてくれるかくれないかですね。

  • puts
    文字列の最後に勝手に改行を入れてくれます。
    基本的に文字を出す時って一行で表示してくれればいいし、次の文字を表示する時は次の行に表示してくれればいいはずなんですよ。
    なので、イチイチ改行を表す記号( \n )を書くのは面倒なので、puts を使う方が便利。

  • print
    " "(ダブルクォーテーション)で囲ったものだけを表示します。
    改行を表示したければ \n(←改行を表す記号)を書いておく必要ある。
    改行の使用・不使用を制御したければ print を使う方が便利。

前回:>> AtomでRubyを使うためのプラグイン(パッケージ)
次回:>> 文字や数値を表示しよう!


 

 

おすすめ書籍

広告
広告
logo_rect2

プログラミングを楽しもう!

初心者向けのプログラミング教室やってます!
Skype or 対面で対応致します。
C言語、ExcelVBA、Scratch、Linux初歩の初歩といろいろなコースがあります。
※Rubyコース準備中!

小学生のお子さまにはScrachでプログラミングを楽しんで頂けます。

無料体験がありますので、是非お気軽にレッスンを受けてみてください。
プログラミングは楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。