PLC or 中継器 or ルーター と オマケの制限付きアクセス

自宅のWi-Fiルーターを買い換えた。
もうやたらと速度が遅くて我慢ならなかった。
まぁ、ルーターは1階にあって、Macがあるのは2階なので遅くてもしゃーないっちゃぁしゃーないけど。
とは言え、あまりにも遅いので作業に支障がでるなぁと思い始めた。
いつ買ったか覚えてないし、もう10年ぐらい使ってるんじゃなかろうか?
※ちょっとググったけど、発売日は2004年6月15日みたいなので、10年ぐらいっていう感覚は間違ってなさそう
で、ルーターを買い換えるか違う手を使うか考えた。
ルーター1階/Macは2階っていう環境に問題もあるルーターを買い換えても速くなるかどうか不明なので。
考えたのは以下の三案。
・PLCアダプタを購入
・Wi-Fi中継機を購入
・ルーターを購入


■PLCアダプタを購入
高いんだよねぇ。
大体1万円超えする。
確実に速度向上しそうな気はするけど、高い。
良さ気なルーター買えるじゃん・・・・
ボツ!!


■Wi-Fi中継機を購入
電波が届きにくいなら中継機を入れればいいじゃん!!
価格は大体5,000円ぐらいが目安。
ルーターと大して値段は変わらない。ちょっとだけ安い感じかな。
電波が強くなるなら速度向上するかな?と思って電器屋さんへGo!
で、中継器ってAOSSボタンを使って設定するみたいだけど今使ってるルーターにそんなボタン無いしなぁ・・・
AOSSボタン無いけどIPアドレスとかを手動で設定すればいんじゃねーの?、できますよね?って感じで店員さんに聞いたら
  「いや、ルーターにAOSSボタンありませんか?」
  「10年ぐらい前の古いルーターなのでそんなボタン無いですよ。
   って言うか、ボタン無くても手動で設定できますよね?」
  「いやぁ、ちょっと分からないですね・・・・・」
マジか・・・、Amazonの方が安いと分かっててもあえて店頭に買いに来たのに、そういう回答って・・・・
店員さんが居る意味ねぇーーーじゃん!!!
って事で中継器は・・・・
ボツ!!!


■ルーターを購入
で、ルーターを購入。
速度はちょっと向上。
体感としては、まぁそんなに不満は無いかな。
もちろん無茶苦茶速くはないけど、言い出せばキリは無いのでまぁ普通に使う分にはさほど問題は無いかな。
満足満足・・・・・っと思いきや、使っていると一日に何回も「制限付きアクセス」となってインターネットにつながらない!!!!
ルーターの設定はほぼ同じにしたのに!!!???
最終的には解決したっぽいけど、何日もかかった・・・・
解決編はまた今度書こう。 → 解決編はコチラ

広告
広告

プログラミングを楽しもう!

初心者向けのプログラミング教室やってます!
Skype or 対面で対応致します。
C言語、ExcelVBA、Scratch、Linux初歩の初歩といろいろなコースがあります。
※Rubyコース準備中!

小学生のお子さまにはScrachでプログラミングを楽しんで頂けます。

無料体験がありますので、是非お気軽にレッスンを受けてみてください。
プログラミングは楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。