Mac+Windows用キーボードでの日本語入力切り替え

MacBook Pro を使っているんだけど、キーボードはLogicoolのWindows用を使用しています。
キーボードにこだわりは全くと言っていいほど無くて、単に外部ディスプレイをメインにしててそのディスプレイの前にキーボードを置きたいってだけの話です。
以前使っていたキーボードが余ってるのでわざわざ新たにMac用を買うのは勿体無いし、BootcampでWindowsも使うのでこのキーボードを使っています。
で、面倒なのが日本語入力の切り替え・・・・
「Ctrl+j」とか「Ctrl+;」とかを押せばいいんだけど、手を動かす動作が結構大きいので面倒。
Windowsも左上の半角/全角キーを押す動作は大きいけど、まぁ、キー1個だけだしそれほど気にならないかな。
Windowsキー+スペースキーでの切り替えでもいいんだけど、今の設定が「英数」なのか「ひらがな」なのかどっちなのか分からないので使いにくい。
IMはGoogle日本語入力を使用してるんだけど、Windowsなら切り替えた瞬間に今の設定値がその場で出るので分かりやすい。Macはそれが出ないのでイチイチ右上に視線を移動\\
させないといけない。この視線移動が面倒。
MacのJIS配列キーボードなら英数キーとかなキーがあって親指で簡単に変えられるので日本語入力の切り替えに関してはMacのキーボードが好き。
んで、スペースキーの横にある無変換/変換キーをそれぞれ英数/かなキーに割り当てられればいんじゃね?
Macの環境設定のキーボードを見ると、設定できる項目がめっちゃ少ないし、
僕がやりたい事は設定できなさそう。
と、こうなればソフトを使うしかない。
調べてみるとSeilもしくはKarabinerがある。
Seil(以前はPCKeyboardHackという名前)
https://pqrs.org/osx/karabiner/seil.html.ja
Karabiner(以前はKeyRemap4MacBookという名前)
https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html.ja
無変換/変換キーを設定できればいいんだけど、Karabinerはできなさそう。
Seilの方が簡単らしい。
ダウンロードしてインストールまで簡単。
設定するのも、ここだけ。
・Enable NFER Key on PC keyboard にチェックを入れる
・Enable XNFER Key on PC keyboard にチェックを入れる
・Enable KATAKANA Key on PC keyboard にチェックを入れる
・Enable KATAKANA Key on PC keyboard のkeycodeを104に変更
seil_setting.png
これでMac+Windows用キーボードでも日本語入力の切り替えがラクチン♪
◆参考URL
TASブログ
Windows向けキーボードLogicoolをMacで使う
http://blog.t-alive.com/mac-os-x/mac-how-to/mac-keybord/

広告
広告

プログラミングを楽しもう!

初心者向けのプログラミング教室やってます!
Skype or 対面で対応致します。
C言語、ExcelVBA、Scratch、Linux初歩の初歩といろいろなコースがあります。
※Rubyコース準備中!

小学生のお子さまにはScrachでプログラミングを楽しんで頂けます。

無料体験がありますので、是非お気軽にレッスンを受けてみてください。
プログラミングは楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。