iniファイルを読み込むbatファイルの作り方。今の時代でも充分役に立つゾ!(タブンね・・・)

 

元気ですかーーーーーっ!!!!

バッチファイル使ってますかーーー!!!

イニファイルがあれば何でもデキる!

 

1 ・ 2 ・ 3 ・ ダーーーーーッ!

 

 

BATでINIを読む方法

さて、、、、、

今回は バッチファイル です。

しかも、iniファイル もあります!!

 

 


えっ!????

バッチ?

ばっち?

BAT?

bat?

 

2016年ですよ。
バッチファイルもINIファイルも今更要らんでしょ。

って言うか・・・

バッチファイルなんてなんじゃそれ?
iniファイルなんて見たことねーぞ

・・・・とおっしゃる平成世代の方もいらっしゃるでしょう。

 

まぁ、今回はさして説明するような内容はありませんので本文をご覧ください。




まずは出典元 これ大切

今回のbatファイルは私が作ったものではありません。

batファイルからINIファイルを読み込む処理を作りたかったのですが、作り方が分からず調べていたら下記のサイトに辿り着きました。

※出典元はここ↓

メッチャ助かりました!!
ありがとうございます!!

 

ただ、上記ブログでは細かい説明がありませんので、解説を入れてここで説明させて頂きます。

しかし、私はbatファイルの作り方はあまり詳しくありません。
解説と言いながら、調べながら書きましたので間違いがあるかもしれません。(いや、あるでしょう、あるはずだ! 頼むあってくれ!!)
間違いがありましたら、是非ご指摘ください

あと、私好みにちょっと改造してます。
その改造も本当に正しいのかどうか分かりませんが、まぁ動いているので今のところは良しとしています。

・・・って言うか間違っているのか正しいのかも、batの事はよく分からないので

今回のサンプル

使うファイルはこれだけ。

  • kick.bat
  • GetIni.bat
  • fuga.ini

概要としてはこんな感じです。

batini

kick.bat はその名の通りキックするためのものです。
何をキックするかと言いますと、GetIni.bat です。
kick.batGetIni.bat をキック(起動)するとともに、指定の値を幾つか渡します。
※指定の値を幾つか渡しますが、この時渡す値を『引数(ひきすう)』と呼びます。

GetIni.bat がINIファイルからデータを取ってきます。
取ってきた値を kick.bat へ返します。

INIファイル

iniファイルはこんな形です。

イマドキiniファイルなんてお目にかからないですよね。
iniファイルって結構使い勝手が良くて私は好きなんですけどね。

呼び出し用バッチ

引数付きで GetIni.bat をコールします。

GetIni.bat:READ_INI_VAL の部分を呼び出しています。
:READ_INI_VAL は消してもいいです。
:READ_INI_VAL はラベルと言います。

ラベルを呼ぶことができるんだろうか?
とお試しで入れただけです(笑)
今回の場合は特に意味ないです。

でも、一つ勉強になりました。
call は直接ラベルを指定することができるんだ!

あとはINIファイルのSECTION名の “NAME”、KEY名の “F_NAME” とか。

INIファイルから取得したデータを入れるための GET_VAL1 変数とか。

事前にINIファイルのフルパスを入れた %INI_FILE_FULLPATH% とか。

 

INIファイルからデータを取得するBATプログラム

batプログラムとiniファイルを頻繁に使う人なら、この GetIni.bat を手元に置いておけば、いつでもどこでも誰とでもiniファイルをReadできますよ♪

常にiniファイルをReadしたいんだよ!!!
batプログラムとiniファイルが好きなんだ---!!!

という方は、是非お手元に置いてやってください。

 

コメント(REMの行)と説明を沢山入れてあるのでそれを読んでもらえば大体分かると思います。
遅延環境変数とか環境変数の展開タイミングはまだよく分かっていないので、疑問に思う方は各自で調べてください。
私も引き続き学習します。




まとめ

batプログラムでiniファイルなんて、マニアックと言うか、、、

 

ヤナギブソン
誰が興味あんねん!!!

 

ですよねぇ~・・・(笑)

 

そういやプラン9って今3人なんだよな。

参考書籍

参考動画

 

広告
広告

プログラミングを楽しもう!

初心者向けのプログラミング教室やってます!
Skype or 対面で対応致します。
C言語、ExcelVBA、Scratch、Linux初歩の初歩といろいろなコースがあります。
※Rubyコース準備中!

小学生のお子さまにはScrachでプログラミングを楽しんで頂けます。

無料体験がありますので、是非お気軽にレッスンを受けてみてください。
プログラミングは楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。