頻繁に発生する制限付きアクセスを直そう!

Wi-Fiルーター(WG1200HS)を買い換えて、速度もちょっと向上して、まぁそれなりに満足満足・・・・と思っていたら・・・
頻繁に「制限付きアクセス」が発生してインターネットに繋がらない!!!

オーマイガッ!ですよ。

1日に1-2回だったり、30分毎だったりと発生する間隔は不定期。
ルーターの設定は旧ルーターを出来る限り真似しているし、IPアドレスは取れているし。
ずっとインターネットにつながらないのなら分かるけど、何かの拍子でインターネットとは切断されてしまう。
「制限付きアクセス」なのでローカルのLANにはつながっていてインターネットにつながらないという感じ。

再接続すればまたインターネットにつながる。
ルーターが悪いのか?と思ったりしたけど、まぁ考えにくいかなと。
設定を見直したり、IPアドレスの範囲を変えたり、2.4GHzにしたり5GHzにしたりと色々試したけどなかなか改善されない。
で、ネットで調べまくったら以下のような要因が考えられるとのこと。

・電源オプションの変更
  コントロールパネル
   →電源オプション
    →プラン設定の変更
     →詳細な電源設定の変更
      →ワイヤレスアダプターの設定
       →省電力モード
        →「最大パフォーマンス」に設定
  ※私のケースではこれでは解決せず

・IPアドレスの競合 or DHCPサーバーが2つある
  Wi-FiルーターをDHCPサーバーにしてるけど、他にもDHCPサーバーが存在していないか?
  例えば、プロバイダとつなげているモデムとかがDHCPサーバーになっているとか?
  DHCPサーバーが重複して存在しているので制限付きアクセスとなってしまうらしい。
  ※私のケースではDHCPサーバーは1つだけだったのでこれとは関係なし

・固定IPアドレスにする
  DHCPサーバーを止めて固定IPアドレスにしてみる。
  まぁ、DHCPサーバーが重複してないので、固定も動的も関係ないかな。
  固定でつながって動的でつながらないなんて事は理屈に合わないしね。

・WMMを無効にする
  コントロールパネル
   →アダプターの設定の変更
    →ワイヤレスネットワーク接続
     →右クリックでプロパティ選択
      →ネットワークタブの構成をクリック
       →詳細設定タブ
        →プロパティからWMMを選択
         →値を無効に変更
          →OKボタンをクリック

上から順にやっていったけど、WMMを無効にしたら改善された!!!

これやーーーー!!!!

で、その後は発生していないのでもう大丈夫かなと?
ただ、WMMを無効にすることのデメリットはよく分かりませんが・・・・
ま、いっか。

広告
広告

プログラミングを楽しもう!

初心者向けのプログラミング教室やってます!
Skype or 対面で対応致します。
C言語、ExcelVBA、Scratch、Linux初歩の初歩といろいろなコースがあります。
※Rubyコース準備中!

小学生のお子さまにはScrachでプログラミングを楽しんで頂けます。

無料体験がありますので、是非お気軽にレッスンを受けてみてください。
プログラミングは楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Windows/Mac/Linuxを使う現役システムエンジニア&プログラマ。オープン系・組み込み系・制御系・Webシステム系と幅広い案件に携わる。C言語やC#やJava等数多くのコンパイラ言語を経験したが、少し飽きてきたので、最近はRubyやPython、WordPressなどのWeb系を修得中。初心者向けのプログラミング教室も運営中。オンライン・対面・出張等でプログラミングをレッスンします。